2011.03.24.

“ソーシャル・ネットワーク”

zasekiseki


日中仕事場が朝からある種機能していなく、昼過ぎても復旧しなかったので
午後はなしになってしまっただよー(汗)。んももー。
なんで、ピカでポイント使って映画見てきましたよ!
終わっちゃう前に見れて良かったー。

あの…、アメリカって今でもこんなに分かりやすくコンプレックスあるんですかね?
学歴やら人種やら、さ。東大コンプなんて比じゃない様で。
確実に病としか思えないよな…。

これ、きっと自伝も読んだ方が面白いかもね。誰か持ってないかしら?
雑誌で記事読んだ限りは「大分違うよ(笑)」と本人談の模様だし。
でも役者の役作り的な調べではそう遠くないって話なのがなんともかんとも(笑)。
posted by: あでる 20:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2010.10.08.

“十三人の刺客”

最近、ちょろっとつぶってしまって終わりにして、
ちゃんと文章をまとめてないっすね(汗)。
何だかそれではイケナイ気もしてるのですが
手軽さなんだろーなー。ついつい使ってしまう…。

本日は本来ならば海外逃亡中だったのに
なーぜかJAPANに居るし(笑)、変わりにと思って
せっかくハガキ出したのにお昼の番組には振られるしで、
コンの時にGI担当のコやらと一緒にチケを買ってたので
お目通りを申し入れ、暴君様に拝謁して参りました。

●本日は暴君な殿様に拝謁にあずかり恐悦至極に存じます。
●ナゼかうちらより前列は凄い空いてるのに
 うちらより後列は激混みな件…
●始まる前のCMで、ばちょるろわいあらーがあって
 「なんでやねん。3Gにでもすんのか!」って言ってたら…
●案の定、そのままだった件!!!(怒)
●三池、やっぱりスキみたいです♪
●ってか、グロ、全然平気だったんですケドwww
●オカシイかしらん?!
●やくしょスキーなんすwww
●なので目当ては殿だけじゃないの☆
●私の中のやくしょは『信長』最強だけどね
●なみーとたかおか氏ってSETなんかよw
●た、谷○○月!!!!!wwwww
●無駄にリアルな三池w
●達磨のCGが…
●元ジャッカーのあの人、流石に形が猛烈に美しい
●しばらくガッツリやってなかっただろーにねー
●同じ形をや○○氏がやってたけど…、ふーん…
●賭場にゆーめー切られ役www ネタだなぁ
●時代劇で馬に乗れてるかどーかって大きな差だな
●乗れてる人は揺れが少なくて、遠巻き映像でも誰だか分かるね
●意外と部長がお上手。ふむふむ
●殿が箸を右手で持ってますw
●ふるちんにさしすせそ多めのセリフとか何の罰ゲーム
●籠に揺られる殿のBLACKな瞳
●あの刀の置き方は敵にも有利になる気がしませんか
●牛のCGが…
●まつかたのおっChanがスゲーのはデフォだが
●それ以上に魅せ方を知ってる人
●眼力じゃなくて、顔力
●しかしそうやって相手を威嚇するのは戦いの場において正しい戦法
●死亡フラグは発1でした、たかおかKUNw
●こっ!こーえんSAN?!
●や○○KUNの殺陣がどう見てもバット振り回してるみたいな件…↓↓↓
●六SANの最後の二の腕に蠅が…
●あ、まつかた氏の最後にも蠅が…
●暴君のLASTのキーッ!とかマニア向けだろwww
●いちむら氏の最後にも蠅が…
●サッカーはやっぱり前振りだったか
●ん?終わりじゃないの?!
●黄泉の国に向かう道すがらの夢、なんかなー
●って、あれでこの世じゃ、いせや氏が不死身杉w
●あの役、あんなにフィーチャーされてる意味が分からん。何のコネだよ
●いや、割とスキなんだよ、いせや
●『侍』と言う名の下にどっちもやり杉だとおも
●後片付けは一徳たち村民がするんですかい???
●主君の為とか民衆の為とか…
●結局、己の自己満足だよね。戦にイイコトは1つもない見本
●そんなトコが「広島・長崎の原爆より100年前」的な文字になってたのかな
●あぁ、牛と達磨と蠅と谷○○月↓↓↓↓↓
●♪愛するあなたの為〜♪
●現ジャッカー(エンディングロールで1名しか気付かんかったが)居たwww
posted by: あでる 23:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2010.04.21.

“第9地区”

宣伝HPすげー凝ってて楽しかったのと、
猛烈てすかとりぽかSANお薦めしてたのと(笑)、
根っからのスプラッター平気好きなあたいはW嬢を誘ってGO
くー、レディースデーじゃなくても良かったよ!!!
各地で評判イイのもかなり頷ける作品でした。

あと、これは言っとくべき?

「子エビ、可愛いよ、子エビ!!!」(大笑)

これって王蟲の可愛さが分からないと可愛く見えないかもでーすーがー(笑)。
いやー、E○苦手な人ですケドね…、私!

いろいろな要素も含んでて、単純にこれ!って話でないのがイイ。
やっぱりW−CUP大丈夫?!とか考えたりするもんなぁ、話と関係ないのに。
その場所舞台ってのもすんごいけど、監督主人公無名ってのも素晴らしい
(そんなトコも狙ってんのか!って勘繰ってしまうくらい)

これはネタを含ませただけで、完全に解決は委ねてる、もしくは
ネタはネタとして入れてるだけでオチはないよー、も有り得る作り。
万人が万人で
感じる様に受け取ればイイじゃない!!!
的な作品かも。

この不可解不毛で、なのにグッとしてしまう作品の話の筋を要約すっと…。

南アヨハネズブルグ(について1度、wikiを読むべき。私、すっかり首都だと。汗)に
28年前、難破した宇宙船がやってきました。
栄養失調地球に辿り着いた宇宙人たちはエビに似た形をしています。
なので、『エビ』と呼ばれ、宇宙船は動けないので上空で停留し、
そのままエビ型宇宙人たちは南アフリカの人道的支援(!)により、
難民キャンプ生活を余儀なくされます。

NEXT →
posted by: あでる 23:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2010.04.17.

“のだめカンタービレ最終楽章(後半)”

kyabetusundubu
帰りにスンドゥブ食べた♪


舞台挨拶ハズレたのですが、“のだめ後編”にまたも初日
連れてかれまして、前回とおなじくY嬢S嬢と観てきました(笑)。
ま、夕方からのんびりとだったのですけどもね。

原作ともアニメともちょっとづつ違うんですかね?おやって思ったり。
(ミルヒーの耳の話って削られてた気がする…。聞き逃し?)
どっちも掻い摘んでしか知らないので、今度、Y嬢にマンガ見せてもらおう。

隣のカポーの男のコぶほっ!って笑ってたのがイイ感じでした。
でも、あれ、ちあーき痩せすぎだよね。カッコイイけど細すぎ。
のだーめ前回よりもオシャレ度UPしてると思います。

パリ街中が映るのは前回の方が多かったかもだけど、行きたくなるねー。
なので、でのシーンでこれってのはあんまりなかったかな。
コタツのシーンがじわじわとスキかも。場所がフランスなのが不思議でイイ

全体的には駆け足かなー。いつ恋人として自覚したかはとっても分かり難いの。
TV→SPドラマ→前半→後半って、見直したら見落としていた発見があるかも。
とは言え、まずは原作かの(笑)。読みに行かないとー。
posted by: あでる 22:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2010.04.10.

“犬と猫と人間と”

PETOWAで申し込んだら当たったので、地元の方でなく、
渋谷で行われたトークショー付きの上映会に行ってきました。
ただし、上映会なので映画代はかかります、¥1,200−
でもそれに有り余る内容でした。観て良かった。
機会があったら観て欲しい作品です、“犬と猫と人間と”

保護動物収容動物の状況は分かっていても
改めて理解するコトはたくさんありますし、
様々なシガラミの中でのそういった状態改良についてや、
【ペット】を飼うと言うエゴの上での責任感とか、いろいろ身につまされました。

上映後のトークショーは飯田監督杉○彩SANのお2人で。
イメージより熱い女な彩SANが力強くて良かったです。
監督も努めて、中立に話そう伝えようと言う姿勢が素敵な方でした。

ほんと、何をしたらイイ?とか言ってないで、考えるコトはたくさんあるのにね。
無知は罪の1つだと思うので自主的に話したり、調べたり、
出来るコトからやるべきだよ。
何が出来るか分からないなら、自分は何が出来るか考えればイイじゃない?

まずは私は、帰ったらうちのネコ2匹うんと可愛がってあげないとね。

20100410142954.jpg
posted by: あでる 23:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2010.01.22.

“THIS IS FAKE”

「『IT』ぢゃないぜ?『F・A・K・E』だぜ?」
と思わず言ってしまいたくなる今日この頃ですが、総勢5名で、
夜の渋谷MJインパーソネーターマイコーりょうSAN
DVD発売記念上映会LIVE付に行ってきました☆

だって、マイコー見たかったんだもん!!!(ええ、どっちも。笑)

これ、LIVEDVDの発売記念に合わせたイベント公開なのですが、
ちゃんと本家DVD発売日とブツけてくるトコとか、
上映後に舞台挨拶ならぬLIVEやってくれちゃうトコとか、
なんかもう、可愛くってしょーがありませんでした(笑)。

月曜W嬢チケット残数を聞いたら「まだ70枚ほど…」とか言ってたのに
買いに行った水曜夜にはもうほとんど売り切れてて(驚)、
今夜来たらSOLDOUTだったのも、なんともステキな出来事です。
このお笑いに興味薄いわたくしも、これでもかって笑って泣いてきましたよ。

DVD自体は昨年秋にBOXXでやったLIVEの収録と、
マイケルを偲んでLAを回った画像です。これがとってもが詰まってて。
これこそ、「『LOVE』だよ、『L・O・V・E』ですよ。

著作権云々大人の事情で、確かにDVDには本家のは有りません。
MJの曲のパフォーマンスの時は「ここからは画像だけお楽しみ下さい」
もちろん、ネタ日本の曲U○A提供でした(笑)。

1時間ほどのDVD上映後、本人によるパフォーマンスLIVE♪
この人、顔も小さくて細くて、スタイルイイのねー。
(きっとあれ、眉毛はアートメイクだよ!笑)
スクリーン前横に細長い舞台でのダンスもとっても良かったです。
彼に付いてるBACKダンサーはホントは4人なのですが奥行がない為、
今回は2名でギリギリのステージです(笑)。

いくつかのお笑いネタとMJを模したパフォーマンスを魅せてくれました。
MCもなかなか上手くてね。楽しみましたよー。ノリのイイうちら。
あぁ、王者の夏に思いを馳せたとかそんなんもあるケドさ。

「マイコー、終電には勝てません(しょぼん)」とおっしゃって
LIVEは終わったのですが、帰りには握手会まで付いてました。いやん。

その後、23時だとゆーのに「お茶しよーぜー」となり(いつものコト。笑)、
近くて空いてたデ○コカフェ24時くらいまでくっちゃべってました。
このまま「“THIS IS IT”見たいね」とも思って、
ヒルズ映画館検索したら混み合っててエラーが出て笑ったり(笑)。
(タイミング的にみんな考えるコトは一緒だったみたい)
流石に帰宅出来なくなるから止めましたケドー。
でーも次の日に予定がなかったら行ってたかもねー!

405舞台初日の為、Y嬢たちと赤坂お昼を。
集合した後、看板撮りたいと言うので、例の階段に居たら、
スケートリンクの方からケ○スタが上がってくる。何じゃ?と
思っていたらどんどん人が来て、コーンポストがあったので避けていたら
目の前をハリュマKUNたけるんがーーー!!!おおおおおー。可愛い(笑)。
そっか、今夜からでしたね、“血の月曜日”。ちゃんと録画してきたもんねー。

その後、BEERの美味そうな店で遅いお昼を食べて、
仕事帰りH嬢を迎えて2人は舞台を観る為に劇場に向かって行きました。
うちらは夜のマイコーまで時間があるので、たっぷりゆっくりして、
それから渋谷に出て買い物よー。(そして頭に戻った訳です)
posted by: あでる 23:45 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2009.12.19.

“のだめカンタービレ最終楽章(前半)”

私の中で記憶のある限り、初記録です。記録更新です。何が?

なんと公開初日に映画を見た!

のです。 ←くだらない記録更新↓↓↓

今までは“エヴァ・破”公開2日目で見たのが記憶の中にある
(コドモ時分はどうだったか分からないので)1番早いものだった
のですが今回は初日!!!しかもなんでもなく、単に初日!(笑)

だって、Y嬢たちが行く計画してたので、「行くー」って言ったら
偶然初日だったんだもん(笑)。

って、ここまで書いて思い出しましたが、244舞台挨拶行ったっけか!
それって初日舞台挨拶だったっけか!!!(大汗)

感想書けってなると実はそこまで書けないかも(笑)。
TV半分以上は見てたし、夜中のアニメもなんとなく見てたケド、
原作はちゃんと読んだコトないので、詳しくはないからなぁ。

えと、どんどんミルヒー付けっ鼻が本物っぽくなってる!とか、
原作より実写のちあーきのだーめ数段可愛いとか、そんな感じ?
のだめ、(原作から考えたらドラマとかは)かなりのオシャレだしな(笑)。

これは後半も観に行くと思います。来年春ねー。楽しみにしとこ♪
次回は舞台挨拶も行きたい!とか行ってますよ、Y嬢ったら。
と、取れればね!(大汗) ←スゴイ人気っぽいじゃない!
posted by: あでる 20:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2009.11.25.

“THIS IS IT”

やっと見てきました。ソウル行ったのでもう見れないかと思ってたー(涙)。
ピカデリー夜9:30〜11:30レイト回満席ですよ!(笑)
私は今週が最後だから行ったんですけど、うちの王者週頭番組の影響
少なからずあるでしょうね。あれ、編集は○ンでしたが「ウィルChanです」とか
「ライオネ〜ル」の話は良いトピックでしたものー。

そうそう、ギリギリ月曜予約入れたからかA列だったの(笑)。
マイコーを目で追って画面を右から左するからちょっぴりLIVE気分♪
ものごっつ画面を見上げる感じで若干首が痛くなったけど、
OPからDrumBassの様なGuitar低音ゾクゾク
本当超・ス・テ・キ・!・!・!でした。

それにね、特に凄いFANって訳でもなかったのに、
映画で流れた曲全部知ってるんですよ?!一緒に口ずさめるの。
これって凄いコトではない???

もっと号泣するかと思ったけど、むしろwktkしてニコニコ見てた。
こんな映像は決して外に出して欲しくはなかっただろうケド、
それでも軽く歌った彼の声や、柔らかく踊った彼の姿ステキでね。
マイコー、やっぱり素晴らしいアーティストだよなーーー(感涙)。

あぁ、そして下世話覚悟だけど、あの足の長さとかどーなんよ!
このLIVEの為にキチンと身体を作って、体力も付けてたんだなぁ。
バックダンサーの様なゴツゴツした筋肉はなくても美しくしなやかで。
OPで50歳って出てて、そう言えばそうだったと思ったけど、
まったくそれは分からない。何てストイックな人なんだろうって。
たまに思い出してうるうるしたけど、ステキなものを覗き見してる気持ちでした。

ダンサーだけでなく、衣装エクステリア(舞台装置とかね)の方の話は
1度、高テンションでKEEPされた気持ちを
更にぐおーーーっ↑↑↑てするものがあって、
もうね、何でこのLIVEがちゃんと
この世に誕生出来なかったのかと!
いや、自分はロンドンまで見に行く人ではないけどさー。
絶対、WORLDTOUR日本来る予定だったと思うし。

うちの同居人姐方2名ともツアー違いでマイコーLIVE見てるんだよねー。
小・中学生かなぁ、私は。まだ外タレLIVEにまで手は伸ばせん頃だったなぁ。

ふふっ。まとまりつかんので、気になったシーンとか書いてみようかな。

●LED、大変気に入ってくれた様で何よりですw
●でも大画面はホリゾント的なものだった希ガス?
●八百屋舞台とはダンサーも大変だー
●POPUPもリフターも自動か!ちと怖いのぅ
●♪パン 茶 宿直♪のタモソを思い出したり
●イヤモニに慣れてないのwww
 「僕は小さい頃から耳で聞く様に育てられたから」とか言っててもー♪
●マイコー、ソニヲか。ん?王者、ソニヲに移ったり、しないよな?!
●魚篭ガンガレ!王者もガンガレ!!!コンサやれ!(熱望)ちゃんとやれ!
●“EARTHGIRLジャスミン”、可愛いぜ


これ、大画面でもう1回くらい見たいなー。
DVD出たらみんなでカラオケとかで上映会しないとね♪
posted by: あでる 23:45 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2009.09.05.

“BALLAD”

子役が………。子役のまつ毛が…(凹)。ちょっと、いや、かなり苦手(苦笑)。
このコはグシャグシャになってる時のがイイ気がする。

ト○タ缶ビール(大笑)。解禁出来てホントに良かった!(笑)たいそうお騒がせしたなぁ。

基本的なコトで。トイレに行かれるのはギリ我慢出来ますが
黙ってられないガキと、髪を高く結い上げるのと、形ある帽子脱がないのと、
そんなヤツは映画見にくんなっ!(怒)

saikaiba
posted by: あでる 13:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2009.06.28.

“ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破”

あのっ!けして私の希望公開初週末に見に行った訳でなくってよ!!!(笑)
(選択肢として『土日』どっちがって木曜夜に聞かれて初日じゃない方が…、
って言いましたけど!変わらないよ、それー。涙)
はい、珍しく公開2日目映画館へ行くとゆーね。
こえーよ、すんごいの居たらヤダよ!(大汗)と思っていたら、
かなり混んでましたが至って普通でした。
むしろ、で待合わせしてる時に怪しいTシャツの人見たくらいで(凹)。
(後で知ったんですが、なんぞ歌舞伎町でイベントやってたらしいですね。
そっちに行く方だった模様です。ドチドチ…)
実は数週間前に、公開前にと結局、“序”DVDも買ってるんですが(笑)。
こんなに早く見に来るとは思ってもみずですよ。

その見に行った期日記録越えされた“序”の感想なんぞはこの辺に。

私的には初のWALD9ロビーまでは行ったコトあったんだけどね、
レディースデーとかないし、なかなか来れなかったの。
パンフGOODSを売ってるブースがこれまた混んでいるので
1人が買いに行くコトに。GOODSの売り切れも凄まじい模様(笑)。

13Fとか超何かいわく有り気なフロアーだし(笑)。
ほとんど直前まで前の回をやっているみたいで、ギリギリで入れ替えです。
中に入ってみると、ひ、広いよ、このシアター!(汗)
エスカレーターで聞いたアナウンスでは「夜8時の回まで満席です」とか!
怖い人…、より、なぜか坊主頭遭遇率が高かったんですが、
それはここの立地ですが?!
道挟んだ向こうが○丁目とゆー???違うのか?ヲタに流行ってんの?(謎)

について、さーて読もうと見ると、パンフがされている?!
くっ、ベタベタがスゴイのを一生懸命外していると、
「あ、ネタバレするから見る前に見ちゃダメだって」と。
え???そーなん?(笑)

見れないとなるとまた気になるモンで(笑)。wktkしながら上映開始
行くぜ、中二病祭!!!!!(大笑)

【絶賛殴り書き中ー】

NEXT →
posted by: あでる 23:30 Comment(2) TrackBack(2) MOVIE

2009.06.17.

“I COME WITH THE RAIN”

下町ほんわかした看板を見た後、ギラギラした六本木に移動して映画
“貝”とか大人数で行ったのですが、今回はメイン担当王者友さえも
「グロいのダメ…」やら「痛いの見てられない…」やらで
しょーがないので244担当のわたくしと、リーダー担当W嬢
やっとこさ出演者ご担当のスタミナ担H嬢で見るコトに(笑)。
水曜だから¥1,000−だしね。(それでもイヤだって言うんだもん。笑)
同居人姐方R嬢別件で不参加。残念がってました。

微妙な時間だったので先にベーグルとか食べてみるコトに♪
久々お店で食べたけど、ちゃんと暖めてサンド作ってもらってウマー
1つ余計に買っちゃった(笑)。映画館ではポップコーン食べるから
消費出来ないと思うけどまぁ、イイや。夜食にしよっと。

話題の割には上映映画館が少ないこの映画。水曜だからもあるけど、
需要と供給はどうなっているのか、ものすんごいギチギチでしたよ(汗)。
前の日にNET予約しといて良かったです(大汗)。

では感想

確かに、正直な感想として、エグさ満点(笑)。

でも稀代のホラースキーなので私は全然平気でした。あは。
映画なんだもん。生じゃないって分かってるんだもん。
肉体的な痛みより、ココロの痛みが表現されてる方がきついと思う人なんで。
普通にポップコーン食べながら見ましたぜ。
内容が難しいとは思いませんでしたが苦手な方は多いかも。
当然、3人のパン1目的に行くのとかは止めた方がイイと思われます(笑)。

音楽が全体的に好みでLASTの曲イイ!って思っていたら、
さらに絡んでるのはレディオヘッドだって知って!!!(笑)
もともと好きなBANDなんで当たり前じゃん(汗)。裏切らないものですねぇ。
フランシス・ベーコンオマージュしてると思われるオブジェ
重要なモチーフとして出てきますが、これもグロくてスキです、私はね。

話としてはキリストが現世界に復活したらって感じのフランス映画の印象。
詳しくキリスト教を知らないのであれが何とか的確には答えられないけど…。
聖痕をもって人の病を治す力を持つ大富豪の家出息子スタミナ
そんな息子の捜索を依頼された元刑事メンヘラージョシュ
1人の女(人)しか愛していない、冷徹なマフィアビョンビョン、の話。
再生と繰り返し普遍テーマとすると“エヴァ”だって通じるモノがあるんですが。

えと、その1人の女*薬中マグダラのマリアって感じの設定でした。
ビョン2がヤンデレっぽいのも仕様なんですが、みんな、どこか病み過ぎ(笑)。
案外、精神まともなのがスタミナ1人ってコトなのかもしれません。
(無垢故の自己犠牲、みたいなね。この辺がキリストっぽいのか…)

NEXT →
posted by: あでる 23:30 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2009.04.11.

“ヤッターマン”

実に忙しい週末を過ごすの巻3週目っ!(大汗)今週は土曜のみなんだけど、
今回はから“YATTERMAN”を見て、夕方は“蜻蛉峠”っす(汗)。
その間に浅草橋にも行くとゆーね。これ、真面目に受付でなくて良かった。

kage&yatter


あぁ、ホントーに深キョンドロンジョの為の映画!!!(笑)
可愛いっす、強烈に可愛いっす。メタメタな扱い受けますが、

もうね、可愛いから全部許すっ(はーと)ってヤツですよぅ。

NEXT →
posted by: あでる 22:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2008.12.31.

“アラビアのロレンス”

lawrenceyatugare.jpg
帰りに“やつがれとチビ”もGET


大晦日の朝っぱらから、W嬢“アラビアのロレンス”を見に行きました。
10時過ぎに百貨店内の映画館へ向かおうとエレベーターに乗ったら
かなりご年配の方がたくさんいらっしゃる…。
どちらへ行くんだろう?と思っていたら、同じフロアーで降りる方多数
え?!と思っていたらそのほとんどが映画目的でしたよ!(驚)
そうかー、製作も古いもんねぇ。そして名作だってだけでなく、
ピーター・オトゥ−ル美男子だもんな!!!

映画は『完全版』なので4時間っす。
通常版は見たコトあったのですがこちらは初めて。
途中にちゃんとインターミッションも有り、長さもそう気になりませんでした。
ただ10時過ぎに始まって2時過ぎってビビるよね(笑)。

昔見た時は気付いてませんでしたが、予想通り、やはり
ホンモノのアラブ人役者は少なかったです。
意外と簡単な英語で会話してるので、字幕との違いにおっ?と思ったり。
歴史を真面目に習っていなかったので、この時の世界情勢や、
このWW1の後、アラブがどうなっていたか?漠然としか分からず、
いかんなー、自分と思ったり…(汗)。
posted by: あでる 20:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2008.11.30.

“私は貝になりたい”2回目

受付昼の回のみで早上がりさせていただき、
本日は王者ワンフー揃って映画館へGO!!!
何人?中央横1列に座って、7人くらいで見ました(笑)。
映画前のアフタヌーンティーはもっと居たよね???

2回目です。だってパンフが欲しいんだも。
そしてやっぱりMY FAVORITE MOVIEだからね。

んで、初日挨拶もあった日○PLEXで見たんだけど、
ポップコーンを頼んだら
ものごっつデカイのきた、これ!(大汗)
イスの置くトコに入りきらないよ、ぽっぷこーんーーー。
あの…。飲み物もとか言うわりにこれ普通のLサイズ↓↓↓
水分をあまり取らない私に対する嫌がらせかっ(笑)。

完全に次のシーンも分かってるのに2回目でも泣く、号泣
声は出さずともバレるほど。軽く隣のY嬢に引かれる(汗)。ご、ごめ…。

でも感動とは別のトコでツッコミ出来るよ、ってコトでそんな見方の
まともじゃない感想の回なので普通の希望の方はこっちを読んで(汗)。

NEXT →
posted by: あでる 23:45 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2008.11.10.

“私は貝になりたい”

試写会当てて行って来ました、MY FAVORITE MOVIE
もちろんリーダー主演244も出てるってのもありますがね。

ってか、急遽募集の枠だったのですがW嬢2名も当選でした。
これって絶対、ある法則でソートしたに違いありません(ニヤリ)。
私と高校の後輩でもあるW嬢の苗字は一緒です。(うちの部活3人居たのよね)
これで私の苗字を知ってる方はピンとくるでしょう(笑)。
4名まで入れるので優先してリーダー担のW嬢・K嬢はもちろんのコト、
一緒に出演してる24担の私とR嬢で参加させていただきました。

目汁鼻汁でした…。公開したらもう1度見よう…。見ます。

久石譲音楽と、ジャイSANらしい四季折々の情景
『日は出るのみにあらず、また没する【宿命】を、
そんな当たり前のコトを、
忘れたフリ・見ないフリをしていた時代が描かれています。

今までの作品にはなかったシーンがたくさん追加されていました。
分かりやすくなっています。そうね、戦後60年も過ぎてるんだものね…。
もっとも、そこに多く時間をかけているので、戦争の理不尽さ、の部分は
ちょっと希薄になってしまった感もあります。それでも十分重いのですが。
夫婦の側から書いた感じですかね。残された家族の想いが伝わってきます。

前半のホント最初の部分オチャラケた部分がちょっと鼻に付き
このまま進んじゃうの?とも思ったのですが、
すぐに緩急のペースが落ち着き、引き込まれました。
ホントはシリアスな彼が勝って良かった。

今までは豊松喜劇役者の方が演っていらっしゃったので
最初から緩急の付け方がとても上手かったんですよね。
フランキーSANのバランス天性のモノなんだろうなー。
所SANでもしばらく気になりましたもん。
(ちなみに獅童のも見てます。こっちは原作に忠実で助かる方ね)
このオチャラケがないと、この作品は重すぎて、
最後まで眼を逸らさずに見れないので
この部分との対比がのちのち重要となるのです。

有名なLAST遺書長セリフのシーン。
あそこまで具体的に見せるとは思っていませんでした。かなり驚きました。
あそこのリーダーの眼力が凄すぎて、こっちがピキピキする程なんですが
お陰であの直接的な状態がドーンとやってこないのかもしれません。
多分、今までの2作は具体的には表現してなかったと思います。
きっついシーンですが…。今の時代はあれくらい必要なのかな…。

時間が出来たらフランキー版所版と続けて見てみようと思います。
夏に放送したヤツのDVD来たんで。たぶん、フランキーがのがイイ。

いつまでも平和であって欲しい
jyukiyawindow
そうでないと、こんなコトも出来ないよ…


NEXT →
posted by: あでる 23:30 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2008.09.15.

“崖の上のポニョ”

箇条書きが楽しくなってきてるので、しばらくこので行こうかな(笑)。
“ポニョ”もね、もう1度見てもイイなーって思いましたよ。

こちらも途中ですけど…w

●事前にW嬢・Y嬢が見てての感想は「え?手抜き?w」だった
●その意味は分からなくはない
●が、手抜きとは違うよなー、これ
●手描きのクレパス背景部分が確かにちょっと気になる
●もうちょっと描き込んだ背景でもイイかなぁ
●何だ、何にちなんで描いてるんだろう…。この意識的な感じは
●フジモト=海底2万リーグの唯一のアジア人の名
●ポニョ=本名:ブリュンヒルデ=ワーグナーのワルキューレの騎行
●宗介=漱石の「門」の崖の下の家に住む主人公の名
●この辺とか考えると深い話になるよーな
●NETで先にあれを見つけて読んでしまったのも縁w
●ジャムの瓶に頭突っ込んでるのを石で割ってみるってすげー感覚
●ここで血を舐めた!ってのがのちのちに…
●そもそも金魚は海に居ません
●海の魚は真水で生きられませんw
●どっち?ってコトは重要じゃないらしい
●取り返すフジモトの技が洪水過ぎだよw
●珊瑚の塔、ステキだなー
●パヤヲが試写をした後のダメ出しが「ポニョが可愛すぎる」って同感w
●妹たちも可愛いがな、最強はフジモトだよなw
●フジモト、可愛いよ、フジモトwwwww
●単なる「お父さんは心配性」じゃねーか!www
●ハムが好きな魚って、肉食って訳だけど
●人面魚で肉食な訳だけど
●お決まりの幼稚園児登場ー。きっとイイコなんだろうがね
●フジモトの部屋に色違いのストライプがーwww
●おま、パタリロか!w
●ちゃんとシャツやらJKやらあるよ!
●波が高台まで来すぎー!
●ルパンなリサも巻き込まれそうなほどの高波はヤバいぞ、ポニョ!
●海の描写に不可解が多い
●単純なのに不条理に描かれてるのは5歳のコの脳内を通してるからか
●そう思えば波が魚に「見える」のも、人面魚を「金魚」と言うのも納得
●例えば5歳児に聞いた記憶をアニメ起こしたと思う、とか
●でもさ、ものごっつ(例の)インスマス面wwwww
●それ、何て鳥?!半魚人なのか、雛鳥なのか?
●「お父SANは『悪い魔法使い』なの?」ってその認識どーよw
●「違うよ、小金井丸に乗ってるんだよ」的な返しもすごw
●フジモト不憫スグル(涙)
●フジモト、フジモト!!!(号泣)
●人魚姫ってコトは消えてなくなる可能性大なのよね?
●妹とかってコトではなく、愛し合う相手としてなのかしらん
●兄妹みたいだけどなー
●え?終わり???
●エヴァにも勝るとも劣らない、あっけない終わりでびっくり
●いや、悪い訳でもないんだけど…
●モニョってするくらいかなぁ…って思ってる間にあの曲が!(汗)
●エンディングロールが名前だけ!!!
●そうね、コドモにその人が何をやったかはそんなに関係ないよな
●確かに『母と子』の物語だ。が、両方の父親とも不憫だw
posted by: あでる 20:00 Comment(0) TrackBack(0) MOVIE

2008.09.10.

“デトロイト・メタル・シティー”

最近、良く映画見てるなー、自分(笑)。

DMC


松ケン、可愛いよ、松ケン☆うふふ。
もちろん、クラウザーSANの時な!!!
うちのHDDにある“L”2本インタもしばらく消せねーな(笑)。

あらすじとか気になる人はその目の前の白い箱検索汁!

●メタル?デスメタル?
●むしろスラッシュとかハードコア的な音な希ガス
●普通にハードロックって言うか…
●ま、それはそれでいーかー!
●勝るクラウザーSANのカッコ良さ可愛さ♪
●ヘドバン(だけやる)は個人的にキライです
●ついでに関係ないがあの両手を前に差し出すあれもキライです
●でもモッシュはキライじゃありません
●だってPUNKの国の人だからー
●あ、やらないよw
●S○Bとかで回ったコトはあるよw
●LIVEは基本、踊る人☆
●いや、それ、BASSがスタインバーガーってのは無いだろwwwww
●そのBASSのコはちょっと松田弟似
●松田弟で想像ーーー。モエる…w
●ロバがものすんごく叩きマネが下手。いっそ、清々しい
●ブ○マって最初何言ってるか分からんかったw
●ちょっと使い方勿体無いな、ロバ。いろいろ出来そうなのに
●つーか、衣装は凝ってても全部楽器が普通過ぎでビビるぞ
●だからどんなデスメタルwww
●「いつものFAN」wwwww
●松ケンの背が高いから高い人を揃えてるかしら、大倉KUNとか?
●でも原作のFANの役柄まんまだと友よりw
●義の身長はどうだっけ?最近、こんな感じばっかだよな、彼
●で、誰が誰のバーター???www
●ロバにロサにいっせーにバカみき*役名が居るって、それ、何て“鉄”?!
●じゃ、エンケンは居ないのかぁーっ?!居ない様だ↓↓↓
●いっせーは原作のその役よりずーっと可愛いよなっ
●目をキラキラさせて「根岸先輩に憧れて☆」ってー
●1つも悪いコじゃないのか!(驚)なんつー後輩
●遊園地トイレのシーンは♪メキ〜シカンロ〜ック〜GOGO〜GOGO〜♪
●ってアテレコイメージするとテラワロスwww
●根岸に寄って来るメルシーは誰の犬さ。野良プードルなんて居ねーw
●超絵に描いた様な代官山LIFEwwwねーよ!
●ちょっと前設定だから小沢とかコーネとかカリィとか
●それって全部同じモノと見なすんですけど、何か?w
●あの気恥ずかしさは無理ww
●むしろ、現カジのスタンスが今やPUNKでポンだな
●おマンチェにフレンチにギターポップか…
●やっぱ気恥ずかしいw
●でもあれでCLUBカルチャーと融合したんだよなー(遠い目)
●ハリランって元気なんだろか?
●ちょっと宗教ぽくっていやんな思い出w
●映画的にはこのオサレ感覚の直球過ぎるズレ=古さがイイのやも
●ま、またポロシャツとか流行ってるしー
●ユ○リにはぴったりなおマンチェかも
●♪甘い 甘〜い♪www
●かずまがちっともオサレじゃない件
●ゆーり、カッコイイよ、川村カオリを思い出すよ
●ヒカゲと近所の商店街に住んでたなぁ、ってこれはカオリの余談
●ゆーり、“新宿鮫”の続編イケんじゃね?!
●グリグラって名前がカオスw
●松雪はもっと違う風でもえがったかもな、彼女のステレオタイプ過ぎ
●根岸の実家が作者の実家だと言う話www
●そして、エンディングロールでは2名同じ苗字が
●ってコトは親戚の家か敷地も使っていたのかw
●母が全てを〆てたね
●目立ちすぎず、凹み過ぎず、イイ役柄だったなー
●「クラChan」って一瞬何かと思ったけどw
●月島からパンテオンへ瞬間移動ってねーよwww
●良く出演したよなぁ、ジーン・シモンズ☆
●普通に本物カッコイイ!!!!!
●パンフによると衣装サイズが事前に来なかったってどんだけ(驚)
●でもピッタリだったってゆーJAP工房、GJ!!!流石!
●で、見たコトある人がと思ったら三喜屋でお馴染み、鮎貝KUN♪
●ドイチェドイチェー!
●牛!!!!!
●見るからに和牛なのにバッファローとはこれ如何にw
●ベーベーベーwww
●脚本面白かったと思うわー
●マンガ読もうっと♪

たまに思い出したら付け足します(イイ加減ー。笑)。
posted by: あでる 22:00 Comment(3) TrackBack(0) MOVIE

2008.08.23.

“S○E&TheCITY”

anmira
もう3店舗しかないんだって!(汗)


もちろん自分でセレクトしてません(笑)。が、ナゼか初日映画館へ。
急遽、1名行かれなくなったってコトでK嬢からお誘いを受けまして、
Y嬢やらと行って来ました。ドラマ見てないんだけどねー(笑)。
みんなは世界のバーゲン帰りなんす。私は明日行くコトになったので現地集

結果。まぁ面白かったは面白かったっす。ファッション【面白い】
それとこのドラマにハマる人の気持ちが分からないでもない。
とは言え、たぶん。急に映画を見たいと思ったとして、
まず自分では選ばないだろう題材、な作品。
どんなに服がステキでもね。その辺が“プラダを〜”と違う点かな。

日本のその手の年代でも当てはまるかと思うのですが、
最近、こっちのドラマでもネタが増えているバブル世代の方々の話です。
しかもセレブなのよね、彼女たち。キャリア持ちなだけじゃなくって。
あんだけバリバリ仕事して、金掛けて夜通し男を捜しに行く元気はない(笑)。
NY5番街マンションをポンッと買う男と結婚が云々言ってる時点で
まったく生きてる世界が違うのよー。そこまでは見れないなぁ。
恋と仕事の為にNYに来る、って意識も理解し難い。仕事は分かるけどさ。
それにこれ、設定がNYだから成り立つんだよね。
日本だったら興醒めでしょう。向こうの人はその辺どう思ってるんだろう?

話は良く出来てるし、オチも丸分かりだけど、ハリウッド映画として、
キチンとセオリーを通していて観易いです。安心出来る終わり方。
過激って言っても直接描写があるだけでそんなに?って思います。
思考の範疇から追い出されるコトはまずないです。

そうそう、女優が全員デカイです(笑)。
ドラッグクイーンかよ!(汗)並のサマンサ178cm!!!
大迫力BODYでいろいろやっちまってた設定なのです。
それでいて主役*キャリー1番くらいに小さい。(162cmくらい?)
でもけして美しい感じではない彼女がCUTEに見える映画でした。
痩せ過ぎって思うトコもないとは言えないけどCUTE無敵。

244がパロってた役は映画に出てくるルイーズだったのね。
でもコントみたく無口でもなく、不思議Chanでもなく、
この映画の中で唯一しっかりモノの、真っ当な人でした(笑)。

シャーロットの旅行時の食事へのこだわりは解せなかったなー。
NY製のプリンブラジルの食事より安全か?安全なのか?!(笑)
ドラマでもこの辺のネタはあったのかなぁ。
健康ヲタクが食の安全を考えるならもうアメリカ自体が除外だろーよ。
妊婦なのにジョギングも1人で両手いっぱいの買物不思議だったな。
一瞬、最後に来てまた新しい不幸があるの?って思ってしまったもん。

そうだなー、この意見は少ないと思いますが…。
最後にやっと身に着けて貰えて、白いスーツ報われて良かったなーと。
サムシング〜の内の2つも兼ねてるしね。それと3つ
ん?4つ目は何が当てはまっていたのかしら。思い出せないけどさ(汗)。

それと、ミランダハロウィン仮装を探している時に
「女なんて魔女かネコにしかなれないのよ!」というセリフがイイかも。
魔女かネコかなんて、とってもステキじゃない!(笑)

きっと、けっして、この映画はと見に行っちゃイケナイ気がします。
つーか、連れてかれる男性が不憫になりますよー(笑)。
posted by: あでる 23:00 Comment(2) TrackBack(0) MOVIE

2008.07.30.

“クライマーズ・ハイ”

1985hayariuta
パンフに載ってた1985年の曲ランキング


1985年。
御巣鷹の尾根にジャンボが墜ちた。

この未曾有の事故が起きた年、また“Romantic〜”の年でもある…。

時間に間に合ったので行って来ました。やっと見れるぜー。
今週の映画館でポップコーン“クライマーズ・ハイ”
いろいろ考察したいコトもあるのですがとりあえず箇条書きで。

●パンフ、買っておいて正解
●御巣鷹「山」だと思っていたが実は違う
●流れた“モナリサ”が切ないぞ
●つっつみーの立場の遊軍記者ってなんぞ???
●堺は別にー、と思っていたが
 山から下りてきてナゼだ?!と言う表情が最高に素晴らしい
●だって私は三白眼フェチだから☆(笑)
●が、それを抜いてもあれはこの映画内1番最強!!!
●実直な悪*野心家だったからか魅力的
●山崎の絵に描いた様なイヤな爺社長、あれ、なんてナ○ツネ?(笑)
●ピューと吹く裸の王様
●当然、♪口笛吹いて〜♪もツッツミーは気を引かれない
●『坊っちゃん』呼ばわりは世間知らずだからかと思っていたら母親の話…
 って爺、好きだったんじゃないのか?
●実際、誰のコ? ←本筋と関係ない
●でも、あの時代になってやっと語れる戦後の混乱、な気がする
●今になってやっと御巣鷹が語られる様に
●世界の小澤の息子な西郷ドンとのシーンは必要か
 ポニョに対抗(?)して【父と子】の話なのは分かるが
●え、分かるのか?(笑)
●とにかく山登りシーンは要らないと思う、つーか多すぎ
●だって、ツッツミーが西郷ドンの父親世代に見えんから!(笑)
 しばらくその設定、分からなかったもん
●ウワサ通り最初のシーンは何言ってるか分からん
 高嶋兄、ちょ、おま、自重…
●お陰でのちのちの悲しみが低いよ
●あれが原因で亡くなってるのか?その辺、省いてて不明だな
●と言っても重要なメタファー
●まだ語られるコトのなかった【過労死】
●まだ語られるコトのなかった【PTSD】
●現代病が認識され始める時代背景
●ポスター見た時、遠憲の名前を間違えたのか?と思った、滝藤SAN
●すまん、あなたは素晴らしい演技だった
●しかし誰もがそれについての認識なく、翻弄された悲しい役
●やっと男女雇用機会均等法だな
●でも男の嫉妬の方が凄まじい
●いきり立つ女性記者、がまだ相手にされてない時代
●それは実力を見せる場が始まったばかりだから
●力が無いと言われてる訳じゃないんだよな
●でんでん、好々爺でデキモノなんだからもっとやれ
●Bunkamuraで見かけたK2の人の設定は分かりやすいはずが
 最初から対立している感じは薄くてなんだかな
●ツッツミーも元から部内でハズレた人に見えなかったよな
●でも、ツッツミー・K2・トモロヲの3つ巴はステキ
●で、トモロヲ氏ってふっくらするとモロSANに似てる(笑)
●遠憲だ、ゴルァー!!!ってシーンは少なかったな↓↓↓
 いいや、やっぱりイイ上司ってのは分かったがさ
●料亭での青ストライプYシャツ仁王立ちにモエる不純な私
●『大久保連赤』って耳で聞くと何だか理解不能だった
●赤軍は分かったけど、大久保は知らない…
●と言っても“あさま山荘”まだ見てない、見るっ!
●樋渡、キター!!!
●そういや言ってた、天敵、キター!(笑)
●気付かなかったけど、BLACK犬チーム、キター!
●猿時の最初はやり過ぎだ(笑)ヤツめ
●しかし後半の営業部と記者連のやりとりは圧巻だった
●野波、うーん、要るのか…
●西田、幸薄い女役第2位だよな ←幸薄い女役第1位は奥貫薫
●ある種、マスコミの貪欲さと恐ろしさの物語
●ジャンボ墜落さえも喰らい付く肉
●そう思うと余計にイタイ、現場のシーンはイタイ
●破損したウィングと記者*堺、カメラ*滝藤と地元消防団と自衛隊
 そして、ブンブン飛び回るヘリコプター
●そのシーンを当時、ニュースで目にしている記憶が呼び戻されてイタイ
●タンパク質の焼ける臭い…
●服に髪に、身体に染み付く臭い…
●W嬢が前に言っていた「1週間経っても臭いが消えない」と
 あった自衛官か救助隊かの本が読みたい
●今こそ読むべきだな
●でも親子の話らしく、そこに戻っていく
●「ジュンが」「ジュンが」と西郷ドンが言うと北のなんちゃらを思い出す
●何だよ、あの海外シーンは↓↓↓
●もっとドキュメンタリー寄りでもイイと思うのだが?
●そうすると物凄い暗い話になるけどな
●それじゃ映画として金にならないな
●映画だって新聞だって見る・読む人に届いてお金頂いてなんぼだもんな
posted by: あでる 23:00 Comment(3) TrackBack(0) MOVIE

2008.07.23.

“アフタースクール”

水曜れでーすでーとかって、ついぞ思い出さない人なんです。
が、本日はなぜか思い出して、それも午後になってからで(笑)、
当然それから誘っても誰も空いてない訳ですよ。しゅん。
ま、私が映画見たいとか言いだすのって超珍しいのもあります(笑)。

とりあえず暑さに負けて1人でも行く気になっていたので、
あれとこれなら見てもイイかなと思い、時間と場所を調べて、
終業をwktkしていたら、そこへ2ヶ所エラーが!ぬおっ(汗)。
お陰で1番にしてたのは時間的にどう考えても間に合わなくなったので
21時開始レイトショーへシフト。もうこれなら1回家に帰って
ヌコにエサやって、シャワー浴びてから見れるもんねっ。

ってコトで、近所に行くよーなツッカケ新宿まで戻りました(酷)。
家に居ても暑いので、映画館でポップコーンを食べにね。

この映画の選定理由蔵(笑)
背の高くて眼つきが悪い男大好物です☆
もう1つの候補が“クライマーズ・ハイ”だからって、
けっして、堺KUNが目当てってコトは有りません。
そして、割と好きですが洋Chan目当てでも有りませんでした(笑)。
でもこの人の芝居はどうも好みみたいです。

ネタバレ上等!なのでこれから見ようと思う人は読まない様にー。
読んでも責任取りませーん(笑)。

《あらすじ》

中学の同級生の木村*堺と教師の神野*大泉は今でも仲の良い友人。
ある朝、木村は神野の車を借りて横浜へと出向いていった。

そんな中、表は大人のオモチャ屋、裏は非合法探偵の北沢*佐々木の元に
急いで木村を探してくれとの依頼が舞い込む。
依頼者が持ってきた1枚の写真には木村と思われる男性と
ある女性*田畑の姿がはっきりと写っていた。

北沢は自分も同級生と偽り、母校に勤めている神野に近づいていく。
どうやら木村は車に乗って出たまま、どこかへ失踪してしまったらしい。
仕事先も高熱を理由に休みになっていると言う。
そのまま、ナゼか一緒に木村を探すコトになった神野と北沢。
家に身重の女性*常盤を残し、木村はどこへ行ったのか?何をしているのか?


NEXT →
posted by: あでる 23:30 Comment(2) TrackBack(0) MOVIE

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。